2013年04月01日

There is nothing to lose.

ない。


失うものなど


ない


何も。



知らなかった??



・・・



やっぱりあるって?



気のせいだよ。




頭の中で聞こえている声

マインドは

自分自身ではない。



その声を聴いている存在

本当の自分に気づくんだ。



それは

もしかしたら

「思い出す」感覚に近いのかもしれない。



だって

それは

遠くに探しにいかなきゃいけないものじゃない。

創るものでもない。

成長するものでもない。



はじめから

ただそこにあるもの。




映画「マトリックス」で

モーフィアスも言っていたでしょ。


Don't think you're.

Know you're.


ってね。






posted by nyakako at 00:08| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

THE WORLD

みんな

みんな

誰もが

それぞれの人生を

一生懸命

輝いている



昔は人と比べて

劣等感を感じたり

優越感を感じたり



なんだろう

無意識に

良い人生とか

悪い人生とか


良い人とか

悪い人とか

分けていたのかな?



今は

人と話すと

自分が

何を想っているのか

何を大切にしているのか

それがわかる気がする。



誰かと会えば会うほど

誰かと話せば話すほど


自分という人間がわかってくる。




人生で大切なこと

それは、

本を読むこと

人と話すこと

旅をすること



そう何かの本に書いていたけれど


多分、全部一緒なんだよね。




人や場所や本やモノや・・・

何かに出会うということは


実は

自分の本質に気づくチャンスなんだ



「自分探しの旅」なんて

わざわざするものじゃなくて



本当はいつだって

出会うものすべてが自分自身なんじゃないかな。





posted by nyakako at 01:13| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

サイレン

深夜の交差点。


まぶしく光るライト。


そして衝撃。


気がつくともう

いつの間にか響いているサイレン。


生まれて初めての救急車。

そして

初めての入院。



タンカーで運ばれながら

痛いのにいろんな質問ばかりされて

半分キレかかっていた。


別に怒りたかったわけじゃない

仕事だから

聞かなきゃいけないことがあるのもわかる



だけど

あまりにも思いやりがなく事務的な口調に

なんでもう少し大切にしてくれないんだろう?

って

なんでもう少しこっちの立場になって考えてくれないんだろう?

って

余裕がないから

余計にそんな風に感じてしまうんだろうけど。



思い返せばいつも

怒っているときはそうだった気がする。


ほんとうは怒っていたんじゃない。

悲しかったんだ。



もう少しだけ優しさを。

もう少しだけ思いやりを。


それが素直に伝えられなくて‥


どう表現すればいいかわからなくて

怒ったような態度で

相手に接してしまってた。



ごめんなさい。


ありがとう。



他の人は、どうなのかな?


わからない。。




だけど

これからは

怒っている人に

もう少し

優しくしよう。



だってそのひとはきっと

どこかに痛みを抱えた人なのだから。



iPhoneからの投稿
posted by nyakako at 23:34| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。