2011年04月26日

奈良の世界遺産 平城宮跡

世界遺産『古都奈良の文化財』の一つ『平城宮跡』に行ってきました♪

ここは他の場所と違い、
現存する神社やお寺が世界遺産なわけではなくて、
考古遺跡としての登録されているみたいなので基本的には何もないです。。



平安京に遷都した後は、

徐々に廃れ

農地として使われていた平城京。

それが

近代になって発掘が進み

今では朱雀門や第一次大極殿など一部の建物だけ復元されています。



朱雀門
photo:01



photo:02



photo:03




朱雀門から見る第一次大極殿。

途中に電車(近鉄)の線路があります。
遠い‥
photo:04




結構歩いたけどまだ先。。
photo:05




青龍、白狐、朱雀、玄武は
東西南北を表しています。
朱雀門は南の入り口の門です♪
photo:06




第一次大極殿内部。
去年完成したばかりなので、内部はまだ新築の家みたいな匂いがします。笑

↓当時、天皇はここに座って貴族達と謁見したらしい‥
photo:07




↑の椅子あたりからの視界。
貴族は外に並んで謁見したらしい。
裸眼じゃ顔まで見えなかったでしょう‥
photo:08




すごくお金がかかっていそうな建物のわりに、入場料とかはありませんでした。

たくさん歩いてちょっぴり疲れたけど

壮大な雰囲気が感じられて

行ってすごく良かったです☆



奈良においでの際はぜひ♪


iPhoneからの投稿
posted by nyakako at 17:11| Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

奈良の世界遺産 春日大社

神社の境内の

少し冷やっとした

でも

清らかで落ち着いた感じが好きです。


photo:01



photo:02



photo:03



photo:04



photo:05




そういえば去年、

春日大社の宮司をしていた葉室 頼昭さんという方の本を読みました。

「神道」のこころ

医師、病院経営を経て、60か70くらいから神職の勉強をされて、宮司になられたという、面白い経歴の方でした。


その時は春日大社が奈良にあるとは全然知らずに読んでいたのだけど

今思えば、
話の中に奈良公園の鹿について書いてありました。

それは、奈良公園の鹿は野生の鹿なのに、なぜあんなに人慣れしているのか?という話でした。

その話によると

昔、ある神社の関係者の頼みで、
奈良公園の鹿を何頭か、他の神社に譲ったことがあるそうです。

でも、その移住先の神社の境内では、人に懐くことはなく、
放したらすぐに山に逃げて行ってしまったそうです。

そのことから著者の葉室さんは、奈良公園の鹿が人懐っこいわけではなく、
奈良という街、奈良に住む人々が鹿と共存する心をもっているから、
鹿が人に怯えることなく、繁華街からすぐ近くにある奈良公園内に
自然といられるのではないか。

というような話をされていました。



奈良は面白い街です。




iPhoneからの投稿
posted by nyakako at 18:00| Comment(6) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

京都の世界遺産 清水寺


photo:01




photo:02




photo:03




photo:04



桜綺麗でした☆


今日まで特別に

夜も参拝できるみたいでしたが

帰る時間の都合で断念‥



日曜で

お花見シーズンてことで

かなり混んでました。。



iPhoneからの投稿
posted by nyakako at 23:49| Comment(3) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。