2011年10月24日

美と健康のカリスマ

またしても

すごい人を見つけてしまった・・・



代替医療師Vanillaのブログ



見た目が綺麗なのはもちろん

話の内容がすごすぎる上にわかりやすい。。



全然知らなかったのだけど

アメブロ読者数4627人って

芸能人以外ではかなりの数字。。


実はメジャーな人なんですね。。



アメブロ、奥が深いです。。



posted by nyakako at 13:53| Comment(2) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

大豆(豆乳)の大量摂取には注意しよう。

大豆というと

イソフラボンが含まれている

『健康によい食べ物』というイメージが強いと思う。



それは

イソフラボンが女性ホルモン(エストロゲン)と同じような働きをするため、

女性の悩み、更年期障害、骨粗鬆症や美肌・美容などによいとされているからです。




僕も健康に良さそう♪と思って

一時期豆乳を結構飲んだりしていたのですが・・・




最近いろいろ調べていると

発酵していない大豆はあまり身体によろしくということがわかりました。




大豆には身体に良い栄養が含まれている一方で

身体に有害な反栄養素も多く含まれているからです。



反栄養素の代表として、フィチン酸塩、酵素阻害物質、ゴイトロゲン(甲状腺腫誘発物質)の三つがあるそうです。


-------------------------------------------------------
@フィチン酸塩

フィチン酸塩は消化管の中で、ミネラル(例えば亜鉛、銅、鉄、マグネシウム、カルシウム)を
きつく拘束します。拘束されたミネラルは水に溶けなくなり、腸からのミネラルの吸収を妨げてしまうのです。

フィチン酸は特に亜鉛との親和性が強いです。

亜鉛は、傷の治癒、タンパク質合成、生殖面の健康、神経機能、脳の発達を支えるミネラルです。

よって、大量に(発酵していない)大豆製品を摂取するとミネラル不足(特に亜鉛不足)になる恐れがあります。

亜鉛は女性ホルモンの働きとも関わりが深いので

イソフラボンの女性ホルモンの働きを期待して豆乳をがぶ飲みすると

逆に女性ホルモンの問題(生理不順とか)や貧血が悪化するということがあるみたいです。



A酵素阻害物質

酵素阻害物質は、消化作用を妨害し、大豆の炭水化物とタンパク質が完全に消化できないようにします。

酵素阻害物質のために食べ物が完全に消化されないと、代わりに大腸のバクテリアが仕事することになり、不快感、鼓脹、機能障害を引き起こすことがあります。

もともと消化酵素が少ないお年寄りの場合、大豆の酵素阻害作用で苦しむ可能性が高いそうです。



Bゴイトロゲン(甲状腺腫誘発物質)

大豆には、ゴイトロゲンが豊富です。

この物質は、甲状腺腫を形成するだけでなく、甲状腺ホルモンの生成を妨害することもありえます。

甲状腺機能の低下が、アメリカの女性(特に中年)を悩ませているそう。

甲状腺ホルモンは、細胞の燃焼炉(ミトコンドリア)に火を付けるので、甲状腺ホルモンの生成が少ないと、体温とエネルギー・レベルが低くなります。
甲状腺機能の低下は、心臓の活動が減退していることを意味し、細胞への酸素供給の不足(ガンの主因)をもたらす。
ゲニステイン(大豆にあるイソフラボンのこと)は、甲状腺ホルモンの生成を遮断することもできます。それに更にフィチン酸塩が、亜鉛と銅を拘束して加勢するため、甲状腺ホルモンを作るために必要なミネラルがほとんど残らないのです。

-------------------------------------------------------


・・・\(◎o◎)/!



大豆。豆乳。。


身体に良いんじゃなかったんかいっ!!


とツッコミたくなるほど反栄養素満点みたいです。。







でも発酵した大豆製品(納豆や味噌)は

これらの悪影響がかなり少ないので

大豆の恩恵にあずかりたい場合は、発酵食品なら良いみたいですね。



僕も味噌も納豆も大好きなのでホッとしました。笑





詳しく知りたい方は↓の記事をご参照くださいませ。

人間が食べる大豆は発酵したものに限る


甲状腺の病気


豆乳の飲み過ぎは体に悪い?





そういえば


最近アトピー関連の本を何冊か読んだけど

玄米にもこのフィチン酸が多く含まれているので、

アトピーには玄米食はあまりよくないと書いてある本がありました。


アトピーが治った!―5つの生活習慣を変えるときれいな肌が戻る


こないだ紹介したドクター牧瀬のHPにも書いてました。



発芽玄米や胚芽米は普通の玄米よりはフィチン酸が少ないみたいですが、

それすらもだめっていう人もいるみたいですね。。



マクロビとか玄米菜食派の方の本とかには

逆に白米のことを「死んだ米」とかボロクソに書いてたりするのにね。。




んー


玄米食とかマクロビとかブームだけど


もしかしたら白米で健康な生活を送ってる人は


わざわざ玄米に変えるメリットはそれほど多くないのかもしれないですね。









まぁ、ここまで長々書いておいてなんだけど


食べ物もあまり気にしすぎると


ストレスの悪影響のほうが大きくなるから


あまり気にしすぎないようにはしたほうがよいです。笑




食生活とかサプリについてもいろいろ調べてますが

身体に良いと思われるものでも(豆乳をはじめ。笑)

下手に摂取しすぎたりするとバランスが崩れて

かえって悪影響になったりすることもあるみたいだし。





「過ぎたるは、及ばざるが如し」





昔から伝わる言葉をかみ締める今日この頃であります。






とりあえずこの記事で伝えたかったことは


タイトルに全部書いてありましたね。笑








posted by nyakako at 00:24| Comment(2) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

医者に殺されないために。。

酪酸菌と有胞子性乳酸菌について

気になったので調べていたら

偶然に

すごいサイトを見つけてしまったかも・・・



ドクター牧瀬のサプリメントクリニック

http://www.drmakise.com/index.cfm



うーん。

・・・すごい。



まだ隅々までは見れていないので

詳細はまた後ほど報告します。。




とりあえず

医者&病院があまり好きではない方は必見かと。笑






























とか書きつつ、

なんでおれってそんな病院&医者嫌いなんだろう?

って自分で思った。



でも、↑のサイトを読みつつ気づいた。



病院が嫌いな理由も


宗教団体が嫌いな理由も


実は

一緒でした。




現代の宗教も

現代の医療も

本来の目的を忘れて

ただの集金マシーンに成り下がってしまっているから。




医療の本来の目的は、

シンプルに表現すると

「病を治療すること」だと思う。


それなのに

現代の医療は

経営や利益のために、

治療費が安く儲からないと、最善の治療があるとしても行わずに

本来必要でない薬を処方したり、最適でない処置をしたりする。


病気の根本に目を向けずに、対症療法ばかりを続けて、患者を通わせたりする。

そんな薬の副作用や治療行為自体が逆に将来の健康を脅かすことさえある。



身体の調子が悪くてたまに病院に行くと

1時間以上待たされて、診察時間は5分以下。。

そんな短い時間の診察で一体何がわかるんだい??



近所で評判の良い病院は怖い

無駄に混んでいる病院は怖い


だって

本当に優れた医者だったら

全国から集まってくるような有名な人でもない限りは

患者は増えるんじゃなく

減っていくはずなんじゃないのかい??



そう、もしも清く正しい医療を行えば

患者は減り、経営は破綻する。


もしも、本当に高い効果のある薬や治療方法が存在して

それが一般的になってしまうなら

必要な医者の数は減り、医療業界は衰退する。



医療技術は日々進歩しているはずなのに

病気の人の数は減らないどころか増えていく一方。

どこに行っても病院も医師も看護師も足りていない。


なんでなんでなんで?


お金の為に、存続の為に

正しい医療を行うことができない

何かがおかしいシステムとしか思えない。。






宗教の目的も・・・

まぁ、一言で表すのは難しいけれど


ブッタがなぜ仏教をつくり広めたのか?

イエスがなぜキリスト教をつくり広めたのか?


そういう視点で考えると

やはり

「多くの人の苦しみを癒すこと」

そして教義や生活習慣を通して

「幸福を感じられる穏やかな精神状態をつくること」という感じがする。



だけど

現代の宗教は・・・


宗教の為に精神を破綻させてしまう人がいたり、

宗教団体や宗教の考え方自体が戦争や集団殺人や集団自殺の原因になってしまったり・・・


物理的にも精神的にも

幸せをもたらすどころか不幸をもたらしているのに

信者の一人ひとりはどうでもよくて、

組織の拡大ばかり考える団体があったり。


そもそもが脱税とお金を集める為の団体である場合すらある。




もちろん

既存のシステムの中に納まらない

志の高い

素晴らしい医師もどこかにいると思う

素晴らしい宗教家もどこかにいると思う。


決して

すべての医師とすべての宗教関係者を否定したいわけではないよ。



でもそんな人ってあまり実際にお目にかかったことがないんだもの。

本やTVの中の稀有な存在。

全体の1割にも満たないんじゃない?



だから

下手に医師や宗教家に関わるくらいなら

できれば

自分のことは自分でどうにかしたい。




不健康そうな医者よりも

健康な素人の話を参考にしたい。



不幸せそうな宗教家よりも

幸せそうな一般人の信念を見習いたい。



心の探求だって

医療の情報収集だって

自分でできる時代ですからね。。






ヤホー\(^o^)/




あっ

酵素

腸内環境

と来て

最近は

体温



免疫力

が研究テーマです♪(〃▽〃)



もはや趣味だね。。



・・・



まとまりのない長文に

お付き合いありがとうございました☆




調べた健康情報は

自分の身体で人体実験をして

これからも記事にしていきますので

興味のある方はお楽しみに。笑










posted by nyakako at 21:25| Comment(12) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。