2012年04月22日

Everything in its right place

すべては

あるべき場所へ









ただ

向かっている





のかもね。








posted by nyakako at 02:20| Comment(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

レイハラカミ氏 追悼 -owari no kisetsu-

レイハラカミ(rei harakami)氏が

7月27日19:00頃に脳出血にて亡くなられたそうです。


さっきネットのニュースで知りました。


突然すぎて

なんだか信じられなくて

いろいろ調べてみたけど

wikipediaにも

公式HPにもすでに記載されていました。



大好きな音楽家でした。



rei harakami / owari no kisetsu PV(2005)





一度だけ

福岡の小さなクラブで行われた

彼のライブを見たことがあります。



ふっくらなのにしわしわライブツアー

変なツアータイトル。



そこで見たハラカミ氏は

小さなおっさんでした。


ちょっとだけ業界人ぽい感じの。

小柄なおっさんでした。



演奏中にこまこまと動く姿は

どこかかわいいらしい感じで。


そして小さなRolandの機械から奏でられる音楽。


ときに

透明で


ときに

色彩豊かで


どこまでも広がっていくような

不思議な音楽。



享年40歳

若くはないけれど

死ぬにはまだ早い。



露出が少ないせいか

素晴らしい音楽に見合ったほど

有名とは言えないアーティストだったけど



私と同じように

彼の死を惜しむ人も多いのかな?

ハラカミさんのCDはamazonでも売れているみたいで

一時的な在庫切れが続出みたいです。

Lust



どうか安らかに。


posted by nyakako at 01:44| Comment(6) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

I.N.M

もう

死んでしまいたいくらい?



もう

生きていたくないくらい?



もう

それこそかなり前の話だけど



それくらい

辛かった時に

そばに寄り添っていてくれた音楽。



syrup16g - I.N.M





I.N.M は 「I need to be myself」の略。

おれはおれでいる必要がある。。



そう、

どんなに辛い時でも

自分をなくしちゃいけないと思う。



どんなことをしても

守る必要があるよ。

守る価値があるよ。



かけがえのない

たっと一人の自分自身は。




そして

大好きな名言。。


「最後に残る人間の自由は、

 いかなる環境にあっても自分の態度を選択できること、

            自分の道を選択できることだ。」



第二次世界大戦中、ユダヤ人だった為にナチスに強制収容所に送られたのに

最後まで生き残った医師「ヴィクトール・フランクル」氏の言葉。



そう

彼は、奇跡的に生き残ったわけじゃない。



どんなに辛いときでも

自分の態度と自分の道を選べると

気づくことができたから

それを実践することができたから

生き延びることができた。



いや、地獄のような極限の状態で

そんな教訓に気づけたこと自体が

奇跡的だったのかもしれないけれど。。




彼が残した本が

気軽に読める現代では

それはもう奇跡ではない。





夜と霧 新版




いつでも

どんな環境でも

自分の道は選べるんだよ。



そう、彼が教えてくれている気がする。

posted by nyakako at 02:35| Comment(6) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。