2011年06月08日

もしドラを読んでみる。

売れまくって

漫画化やら

アニメ化やら

映画化やらしている

話題の

『もし高校野球の女子マネージャーが

ドラッカーのマネジメントを呼んだら』

のアニメコミック版。


最近、職場で回し読みせよとの

お達しがでているそうで

今読んでいるのだけど

なかなか面白いです♪




もしドラ

本を読んだ方や

映画見た人はいるかな?



iPhoneからの投稿
posted by nyakako at 17:44| Comment(4) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

風の歌を聴け


10代の頃、

私は全く本を読まない少年だった。


本を読もうとすると

必ずと言っていいほど眠くなった。


だから、

真面目な話

家で本を開くのは

寝たいのに、あまり眠くないとき。

くらいのものであった。



読み方を強要される

【国語】という科目が大嫌いだった。



あとは多分、

小学校時代の夏休みの宿題の読書感想文が

かなり悪影響を及ぼしていたような気がする。



読書感想文。。



今聞いても嫌な響きだ・・・





それが

二十歳になる直前のあるとき、

一冊の本に出会った。



「風の歌を聴け」



たしか

実家に帰省するときの

新幹線での移動時間の暇つぶしを探していて

本屋さんでたまたま見つけたのだ。



----------------------------------------

「完璧な文章などといったものは存在しない。

 完璧な絶望が存在しないようにね。」

----------------------------------------



この本は、こんな文章からはじまる。



初めてこの文章を読んだとき、


それまで読んだことのある本と違って
(↑冒頭のとおり、本なんてそれまでほとんど読んだことはなかったが。。)


何か、引き込まれるものを感じた。。





そして、

僕は本を読む人間になった。



この本が

すべてのはじまり。





だからと言って

「この本は誰にでもオススメできるモノか?」

と問われると

「全くそんなことはない。」

と答えるしかない。



盛り上がりにかけるし

どこか暗いオーラが漂っているし

ハッピーエンドでもないし・・・



ただ

本の中には

こうも書かれている。

----------------------------------------

僕がここに書きしめすことができるのは、ただのリストだ。

小説でも文学でもなければ。芸術でもない。

まん中に線が一本だけ引かれた一冊のただのノートだ。

教訓なら少しはあるかもしれない。

----------------------------------------





もし

「この本の何が面白いの?」

という質問をされたら

正直、上手く答えることはできない。



それでも

ずっと変わらずに

この本がとても好きだし


今までで一番

何度も繰り返し読んだ本だと思う。


教訓も少しは学んだかもしれない。





そんな

「風の歌を聴け」を

久しぶりに読みたくなった。



真夜中に。



しかし、

・・・見つからない。



多分この部屋のどこかにあるはずなのに。。



いくら探しても

・・・見つからない。





やれやれ。









風の歌を聴け (講談社文庫)


posted by nyakako at 04:48| Comment(6) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

『遺書』

『遺書』 by 松本人志



とある方にオススメして頂いたので

今日から読みます♪

楽しみ☆



あっ、本はジャンル問わず

いろいろ読むので

皆様オススメあったら

ぜひ教えてくださいね(^-^)
posted by nyakako at 23:21| Comment(3) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。