2012年09月01日

孤独について

普通の人の感覚はよくわからない。


だけど


僕のことを話すとしたら

一人で過ごすときに「さびしい」と感じることはない。


0と言ったら嘘になるかもしれないけれど、99.9%ない。



「だれかと一緒に過ごしたい」という気持ちが

「さびしい」「孤独」という感情に結びついていないらしい。



では、どんなときに感じる感情か?


ぼくが「さびしい」と感じるのは誰かと一緒にいるときだ。

わかって欲しいと思っている相手

少しでもそれを期待している人


例えば

友達、家族、恋人、・・・



そんな人と一緒に過ごしているのに

「あぁ、きっとこの人はいくら言葉で伝えたところで

 おれの気持ちなどわかってもらえないのだろうな」と

感じてしまったとき


 
その瞬間

とてつもなく「さびしい」



現代において

「物理的にも」「精神的にも」

一人で生きているなんてありえない。


必ずいつも

どこかで誰かとつながっている。



そんな理屈は理解していても

やはりその瞬間は完璧な孤独である。




村上春樹の小説にも書いてあった

「言葉にしなければ伝わらないことは

 言葉にしても伝わらない」と。



一歩間違えば、ただのマイナス思考で

あきらめ癖の強い人間がつぶやきそうな言葉である。



だけど、この想いもまた

一つの真理だと思う。






posted by nyakako at 21:28| Comment(2) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■無題
今私が考えていたこととドンピシャでびっくりしました。

理解してほしい人ほど理解してくれなくて、その度に一人で裏切られたような気持ちになって、いつしか理解してもらおうという気持ちすらなくなりました。
きっと誰もわかってくれないんだなって、いつも思ってしまって、寂しくなります。
Posted by だだった at 2012年09月01日 23:44
■Re:無題
>だだったさん
コメントありがとうございます(^-^)

誰もわかってくれないって気持ち、ありますよね。
単に相手の問題ってわけじゃなく、自分の問題でもあるんですけどね。
Posted by CJ at 2012年09月08日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。