2012年05月01日

トゥルーマン・ショーを久々に見た☆

映画『トゥルーマン・ショー』を久しぶりにに観ました。

$元気が湧き出てくる秘密♪



久しぶりに観た!?

・・・はずなのですが

内容を全然覚えていませんでした^^;


その分さらに楽しめけど♪


「ザ・マネーゲーム」から脱出する法を読んだからなおさらね☆



↓マネゲの著者・シャインフェルドさんのコメント
-----------------------------------
『トゥルーマン・ショー』
 
本書で、私は一貫して「人間ゲーム」を映画にたとえてきました。
このたとえの正確さや深さをもっともよく表してくれるのがこの映画です。

見たことがあるという人も――最近でも、ずいぶん前でも――、
新たな視点から見られるようになった今、もう一度見てください。

この映画には、ジム・キャリー演じる主人公のトゥルーマンをはじめ、
数多くの俳優、監督、そしてテレビ番組のスタッフが登場します。
トゥルーマンと監督、そしてスタッフとの関係は、あなたと「本来のあなた」の関係と
必ずしも一致しません。

映画のほうではごまかしやエゴ、操作などがあるからです。
そのような点を忘れ、あなたなりに編集して、映画を楽しんでください。
 
この映画を見ると、第1段階や第2段階(エンディング)の概念、
自分が映画に出ていることを知らないということ、「本来の自分」が
ホログラムの中に「セット」を創ってあなたの旅をサポートしていること、
まわりの人たちは、言われた通りに話したり行動したりしている
俳優であることなどがよくわかります。


-----------------------------------

昔はかっこつけて字幕で見ていた洋画も

ここ1年くらい、日本語吹き替えで見ることが多いです。

そのほうがストーリーに集中できるからね☆



主人公がよく言ってたセリフ。

wiki見てたら違う訳だったのだけど

僕は吹替版のこっちの訳のほうが好きです。



『会えない時のために・・・

 こんにちは、こんばんは、おやすみ・・・

 それじゃ!』


トゥルーマン・ショー(通常版) [DVD]



posted by nyakako at 00:36| Comment(0) | 空&マネーゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。